子宮筋腫改善プログラム

子宮筋腫の一般的対処・治療法

子宮筋腫が見つかった時に顕著な症状が出ていない場合は、定期的に検診をして筋腫の大きさや症状をチェックします。
治療が必要と判断された場合は、薬物療法や手術療法が取られます。

 

薬物療法では、鎮痛剤、鎮痙剤(ちんけいざい)GnRHアナログ(ホルモン剤)を使用する事になります。
障害がない場合は放置する事もありますが、腫瘍の大きさや状態などによりエックス線照射、筋腫の切除、子宮膣上部切断、子宮全摘徐術を行います。

 

手術を考慮する時
・筋腫の大きさが握りこぶし大に大きさの時
・症状がキツイ・辛い時
・筋腫の発育速度が早い時
・不妊・流産の可能性が高い時
・筋腫が壊死状態の時
・筋腫分娩が起きた時
・悪性が疑われる症状を呈してきた時

 

これらが認めらるようになると手術が考慮されます。